大型二輪、大型二種、大型自動車、大型特殊免許の取得情報。

大型免許リンク

SponsoredLink
SponsoredLink
新着記事

Favorite Link

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2007.05.09 Wednesday | - | - |
[ HOME大型免許 > 大型免許を合宿で取る ]

大型免許を合宿で取る

< 大型免許を合宿で取るの記事はココから >

合宿が有利な大型免許


大型免許の取得は、短期でコストも低い合宿が有利だ。短い期間で一気に取ってしまって、就職や転職に備えるというのがいちばんいいスタイルだろう。

中型免許が新設される


また大型免許に関しては、平成16年6月に公布された道路交通法の一部を改正する法律(平成19年6月2日施行)により、普通自動車、大型自動車に加えて、車両総重量5トン以上11トン未満等の自動車が新たに「中型自動車」として定義され、これに対応する免許として「中型免許」、「中型第二種免許」および「中型仮免許」が新設される。

これによって、大型免許の地位がいちだんとハッキリするように思える。だからこそ大型免許というスタンスになってくるのではないだろうか。

法改正後も、大型を合宿で



法改正後は、なおさら合宿で集中的に取得した方がいい、というのには理由がいくつかある。

その一つ目は、法改正後は、中型が新設されるので、それに伴って大型免許の車両が大きくなり、教習が難しくなるということ。また現在は場内検定だけだったのが、路上検定も導入されることにより、これまた教習が難しくなる。さらに年齢要件、経験要件が引き上げられ、取得が難しくなる。具体的には、年齢が20歳から21歳、経験が2年から3年に引き上げられる。総合的に教習の時間が増え、それに伴って料金も見直されるケースが増えるということ。

理想をいえば、法改正前に、大型を取得してしまうのがいちばんいいのだが、法改正後であっても、やはり大型を合宿で集中的に取得するというのが、中型か大型か迷っているならば、おそらく正しい選択のように思える。もちろん、中型以外に必要ないというのが明確に分かっているならば、それはそれでよいが、それにしても合宿で取得することをおすすめする。
< 大型免許を合宿で取るの記事の続きはココから >
< 大型免許を合宿で取るの記事はココまで >
| カテゴリ : 大型免許 | 2007.04.19 Thursday 08:52 | - | - |
[ HOME大型免許 > 大型免許を一発で取得する ]

大型免許を一発で取得する

< 大型免許を一発で取得するの記事はココから >
大型免許は、大きく分けて2つの取得方法がある。ひとつは、自動車学校に通い、指定の時間数技能教習を受け卒業し、免許センター(試験場)で適性検査のみ受検(技能試験免除)する方法。そしてもうひとつが、自分でまたは指定外の教習所等で練習し(運転に自信があればぶっつけ本番で)免許センター(試験場)で、適性検査、技能試験を受ける方法である。

それぞれに長所短所がある。あまり運転が好きではないが確実に免許が欲しい人は教習所での取得がいいだろうし、そうでなければ一発取得は、なかなかスリリングで魅力的な体験だ。

一発試験の攻略法は「コツをつかむ」ことと「練習する」こと。「コツをつかむ」ためには試験場にひたすら通うのがいちばんだが、一発試験に関するHPをネットで検索して見て回るだけでも雰囲気はつかめるだろう。。

問題はどうやって「練習するのか」という点。普通車なら誰でも持っているので何とかなるが、バスや大型特殊自動車となるとそうもいかない。これらを所有している人は数少ないからである。もちろん、免許ももってないのにこれらの車両を公道で運転すれば、無免許運転で御用となり、免許取得どころではなくなってしまう。

そこで一番確実だと思われる練習方法は、未公認教習所に入所してしまうこと。未公認といえどあなどれず、「合格まで責任指導」してくれるところもある。また、試験場での走行法など役に立つノウハウもたくさんもっている。公認教習所では、運転に自信があろうとなかろうと、規定時間は絶対に教習を受けなければならないことになっている。未公認教習所は、そういう制約は一切ないので、運転技術に自信がある人なら、教習内容をどんどんとばして、すぐに試験を受けることもできるのである。己の腕のみに頼る男らしい取得方法ともいえようではないか。

もっともこれを上回る強者ならば、未公認教習所にも一切通わず免許を取得することもできる。試験を練習の場として使うのである。度胸さえあれば十分に可能性のある方法である。1回目は大特車をとりあえず「触りに」行く。外周を回りきれば御の字だ。間違っても受かろうなどと思わず、練習をしにいく。3回練習をして、6回目で受かったとしたら、1回4千円といくらだから。20回程度以内で受かれば、教習所に通うより安上がりという計算が成り立つのである。

ただ、合格するという保証はないので、すぐにくじけてしまう人には向いてないだろう。

大型免許の一発受験は。都道府県、最寄りの試験場で。
北海道(札幌)、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(豊島区、渋谷区、新宿区、千代田区、港区、文京区、墨田区、品川区、大田区、杉並区、北区、板橋区、足立区、江戸川区、中央区、台東区、江東区、目黒区、世田谷区、中野区、練馬区、葛飾区、荒川区)、神奈川県(横浜)、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋)、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸)、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(北九州)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇)

< 大型免許を一発で取得するの記事の続きはココから >
< 大型免許を一発で取得するの記事はココまで >
| カテゴリ : 大型免許 | 2007.04.17 Tuesday 08:34 | - | - |
[ HOME大型免許 > 大型免許の教習所 ]

大型免許の教習所

< 大型免許の教習所の記事はココから >
大型免許を取得するには、全国の教習所が一般的な入口です。中には、試験場で一発取得する方もいらっしゃるようです。

平成19年6月から、中型免許がスタートし、大型免許の枠組みも変わってきます。

中型免許が新設される理由は、「貨物自動車の大型化に対処し、運転者の技能及び知識の不足による貨物自動車の事故を防止するため」です。

これで、道交法の一部を改正する法律により、車両総重量5トン以上11トン未満の自動車等が新たに『中型自動車』とされ、これに対応する免許として、『中型免許』が新設されることとなりました。

これにより、現在の「普通免許・大型免許」の免許種類が「普通免許・中型免許・大型免許」に変わります。
道路交通法の一部を改正する法律の施行後に普通免許を受ける方は、車両総重量5トン以上の自動車が運転できなくなります。
※道路交通法の一部を改正する法律の施行前に免許を受けた方は、施行後も従前と同じ範囲の自動車を運転できます。

基本的に、いま持っている免許の範囲が変わることはありません。

大型免許の取得は、全国最寄りのの教習所か試験場へ。
北海道(札幌)、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(豊島区、渋谷区、新宿区、千代田区、港区、文京区、墨田区、品川区、大田区、杉並区、北区、板橋区、足立区、江戸川区、中央区、台東区、江東区、目黒区、世田谷区、中野区、練馬区、葛飾区、荒川区)、神奈川県(横浜)、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋)、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸)、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(北九州)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇)

< 大型免許の教習所の記事の続きはココから >
< 大型免許の教習所の記事はココまで >
| カテゴリ : 大型免許 | 2007.04.17 Tuesday 07:02 | - | - |
[ HOME大型免許 > 大型免許を取得する ]

大型免許を取得する

< 大型免許を取得するの記事はココから >

大型車の種類



大型車には、普通車と同じく一種・二種の区別があります。

バスなどの大型旅客自動車を、営業目的で運転する場合には二種の免許が必要になりますが、通常の貨物用トラックなどを運転するためなら一種で大丈夫です。
いまの免許制度では、大型免許を取得すれば、車両総重量の制限なく運転することができるようになっています(なお、特定大型車の運転には制限があります)。

大型免許で運転できる車種は、トラックの他、ダンプカー、タンクローリー、生コンミキサー車などいろいろあります。加えて「大型特殊車免許」や「牽引(けんいん)免許」を取得すれば、輸送業での仕事の幅がぐんと広がります。

また、タンクローリー車のタンクの中身(積載物)によっては、別途「危険物取扱者」の資格が必要になることもあります。

大型免許取得費用の目安



約20万〜25万円ぐらいの費用帯が一般的です。
合宿での教習プランだと、20万円以下のプランをご用意している教習所も多くあります。

合宿ならあらかじめ教習予約も取れているし、時間にムダなくスケジュールが組まれているので、最短で10日程度で卒業する人もいます。

ただ、とにかく費用を安くという考えならば、運転免許試験場で一発合格を狙う作戦もあります。

ただし、免許試験場での試験は非常に難しく、何度か続けて不合格になってしまうこともしばしば。2・3回で合格できればスゴイ!という感じで、人によっては合格までに10回以上かかってしまうことも。その場合は、かえって費用と時間がかさんでしまいますね。

また、大型車試験に使用される車両はほとんどマニュアル(MT)車。今運転している普通車の免許がオートマ(AT)限定の人にとっては、一発試験は容易ではないかもしれません。

普通車AT限定免許からMT免許への切り替えは比較的カンタンなので、まずMT車の教習を受けてから大型免許の受験に行くのはどうでしょう。

免許試験場での直接受験は、何回か落ちるのが当たり前ですので、その腹づもりでリラックスして臨みましょう。

次に該当する人は、教習所の方がいいかとおもいます。

・何度も受験する時間が取れない。
・受験のたびにいちいち手続きするのがめんどう。
・とにかく時間優先で、無駄なく大型免許を手にしたい。
< 大型免許を取得するの記事の続きはココから >
< 大型免許を取得するの記事はココまで >
| カテゴリ : 大型免許 | 2007.04.16 Monday 12:23 | - | - |
[ HOME大型免許 > 大型免許改正 ]

大型免許改正

< 大型免許改正の記事はココから >

大型自動車免許の改正


2007年の法令改正施行で、中型自動車免許(以下「中型免許」と略記)(第二種を含む)が新設されます。
それに伴って、大型免許(第二種を含む)で運転できる車両規模の下限が、改正前の特定大型車(政令大型車)に相当するレベルに変更される予定になっています。
この新しい大型免許は、21歳以上で3年以上の運転経験を持つ人に受験資格が与えられます。
(ただし自衛官のみ20歳以上・本来教習で使用されている73式大型トラックは法改正後中型免許の範囲であるが、特例により部隊内に設置されている自動車教習所で受験する場合に限り、改正後も部隊運用の関係上大型免許として取得可能となるようです。この場合も免許取得後は限定欄には自衛隊車両限定と記載される予定・事実上の中型免許となる模様です。また自衛隊退職後免許の範囲としては中型免許と同様となり民間の大型自動車に乗るためには自衛隊車両の限定解除を受ける必要があります)
当該改正前に大型免許(第二種を含む)を受けている人は、改正後も新たに試験・補講等を受けることなく(新)大型自動車を運転できます。ただし、特定大型車の運転資格が無い場合には改正後も依然として特定大型車は運転できない(この場合に運転できる車両は事実上中型自動車までとなるが、改正前の特定大型車の運転資格を満たせば改正後であっても運転できます)。
大型免許(第二種含む)で運転できる車両は、大型特殊自動車と牽引免許が必要な牽引自動車を除く四輪車及び原動機付自転車となっています。

中型自動車の新設 (2007年6月1日までに施行予定)


現行では車両総重量8トン以上最大積載量5トン以上最大乗車定員11人以上の車は大型自動車免許が必要で、逆を言えばそれ未満であれば普通自動車でも運転することができました。しかし今後は中間的位置づけとして新たに中型自動車が新設されることとなりました。

このため、改正後に新しく免許をとる場合は新しい受験条件と実地試験要項に基づいて行われます。ただしすでに改正前の普通免許や大型免許を受けている人は、改正後も現行制度と同等の範囲の自動車を運転することができます(改正道交法第3条及び84条から87条)。

中型免許の新設に伴って新しく中型二種免許も新設されます。そして新規に受験する上で最も大きな変更は中型一種、大型一種いずれの免許も受験項目に路上試験が加えられるところです。現行の大型一種免許の技能実地試験は所内コースのみであったため、仮免許なしでもいきなり本免許受験することが可能でした。つまり路上試験が加わるということは事前に大型仮免許または中型仮免許を取得しておかねばならないことを意味しており、新しく免許取得するにはこれまでより労力が必要になります。

また、技能試験合格後は現行普通自動車同様に取得時講習が義務化されます。このことからこれから大型自動車免許を取得しようと考えている人はできるだけ改正前に取得しておいた方がいいかもしれません(大型仮免許取得が必須な公認教習所過程による大型免許取得コースは除く)。
< 大型免許改正の記事の続きはココから >
< 大型免許改正の記事はココまで >
| カテゴリ : 大型免許 | 2007.04.16 Monday 12:10 | - | - |
[ HOME大型特殊免許 > 大型特殊免許 ]

大型特殊免許

< 大型特殊免許の記事はココから >

大型特殊自動車免許


大型特殊自動車”とは、フォークリフト、ホイールクレーン、ショベルローダ等の特殊な構造を持ち、特殊な作業に使用する自動車のうち、エンジン総排気量や最高速度、車体の大きさ等が“小型特殊自動車”に当てはまらないものをいいます。

【大型特殊自動車免許】を取得すれば、自動的に“大型特殊車”はもちろん“小型特殊車”、“原動機付自転車”も運転できるようになります。 

実は、戦車を運転するにもこの免許が必要。(大型カタピラ限定) ただし、戦車を運転するには自衛隊へ入隊しておく必要があります。

大型特殊自動車免許だけでは現場の作業ができない!?

「やっと取得した大特免許。さあ、明日から現場でバリバリ働くぞ!」

という方は注意が必要です。
話の腰を折るようですみませんが、が“大型特殊免許”の取得だけでは現場作業はできません。この免許は、あくまで「大型特殊車両で公道を走行するための免許」なのです。

現場まで大型特殊車両を運転・走行させることはできますが、現場で建設機械として作業することは認められておらず、作業をする場合には改めて別の資格が必要となります。

ちなみに、それぞれの特殊車両によって以下のような資格が必要になります。

* 移動式クレーンにともなう玉掛け技能講習
* 小型移動式クレーン運転技能講習
* フォークリフト運転技能講習
* 移動式クレーン運転士免許実技教習
* 車両系建設機械(整地等)運転技能講習
* 車両系建設機械(解体用)運転技能講習
* 高所作業車運転技能講習(作業床の高さが地上10m以上)

・・などなど。現場作業にはそれぞれ、いろいろな免許があります。

大型特殊自動車免許の運転免許取得条件・費用



資格は、18歳以上であることが必要です。

身体条件は、視力・両眼で0.7以上、1眼でそれぞれ0.3以上であること。片眼が0.3未満、もしくは片眼が見えない場合は他眼の視野が左右150度以上で視力0.7以上であることが前提です。。

費用は、自動車教習所に入校して大型特殊免許の教習を受ける場合、料金は合宿方式で9万〜11万円程度、通学方式の場合20万〜22万円程度の価格帯が多いようです。

すでに保持している運転免許によって、学科教習の有無・規定時限数には差があります。教習プランや、合宿・通学によっても料金は異なるので、まずは教習所に問い合わせてみてください。
< 大型特殊免許の記事の続きはココから >
< 大型特殊免許の記事はココまで >
| カテゴリ : 大型特殊免許 | 2007.04.15 Sunday 05:31 | - | trackbacks(9) |
[ HOME大型免許 > 大型自動車免許 ]

大型自動車免許

< 大型自動車免許の記事はココから >

大型自動車免許を取得する


大型自動車免許(第一種)とは、大型トラックなど大型自動車の運転に必要な能力を判定する警察庁管轄の国家資格です。受験資格は20歳以上で、普通免許または大型特殊免許取得後2年以上の経験が必要です。試験時期は各地の試験場によって異なります。東京都の場合、技能試験を受けるには事前予約が必要です。合格率は各試験場によって違っています。

大型自動車免許(第一種)は、受験資格を満たしていれば技能試験のみで取得できます。運転免許試験場のほか、22時間以上の技能教習を行えば教習所での取得も可能です。技能試験合格後、取得時講習を受講すると免許証が交付される仕組みになっています。取得すれば運送会社や土木建築会社など、大型トラックのドライバーを必要とする職種で活躍できるので人気があります。

大型自動車運転免許


大型自動車(おおがたじどうしゃ)とは、日本における自動車の区分のひとつで、車両総重量8,000kg以上、最大積載量5,000kg以上、乗車定員11人以上の四輪車を指します。大型自動車免許、大型自動車第二種免許(以下それぞれ「大型免許」、「大型第二種免許」と略記)の運転免許でのみ運転することができます。略称は大型です。

2007年施行予定の法令改正により、区分の下限が車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、乗車定員30人以上に変更される予定です。

道路運送車両法では四輪の「普通自動車」に分類されます。

2007年の法令改正施行による中型自動車免許(以下「中型免許」と略記)(第二種を含む)の新設に伴い、大型免許(第二種を含む)で運転できる車両規模の下限が、改正前の特定大型車(政令大型車)に相当するレベルに変更される予定です。この(新)大型免許については、21歳以上で3年以上の運転経験を持つ者が受験資格となります。(自衛官のみ20歳以上・本来教習で使用されている73式大型トラックは法改正後中型免許の範囲であるが、特例により部隊内に設置されている自動車教習所で受験する場合に限り、改正後も部隊運用の関係上大型免許として取得可能となるようです。この場合も免許取得後は限定欄には自衛隊車両限定と記載される予定・事実上の中型免許となる模様です。また自衛隊退職後免許の範囲としては中型免許と同様となり民間の大型自動車に乗るためには自衛隊車両の限定解除を受ける必要がある。)

当該改正前に大型免許(第二種を含む)を受けている者は、改正後も新たに試験・補講等を受けることなく(新)大型自動車を運転できます。ただし、特定大型車の運転資格が無い場合には改正後も依然として特定大型車は運転できません(この場合に運転できる車両は事実上中型自動車までとなるが、改正前の特定大型車の運転資格を満たせば改正後であっても運転できます)。

大型免許(第二種含む)で運転できる車両は、大型特殊自動車と牽引免許が必要な牽引自動車を除く四輪車及び原動機付自転車です。
< 大型自動車免許の記事の続きはココから >
< 大型自動車免許の記事はココまで >
| カテゴリ : 大型免許 | 2007.04.15 Sunday 05:17 | - | - |
[ HOME > - > 大型二種免許 ]

大型二種免許

< 大型二種免許の記事はココから >

大型二種免許の取得


大型二種免許を取得するには、まず教習所に通うことです。大型二種免許は取り方ひとつで、簡単にも難しくもなります。いわゆる心構えといったことが大切になります。合宿で大型二種免許を取るのも方法のひとつといえるでしょう。大型二種免許といえど、とどのつまりは運転免許ですから、普通車の運転免許の延長上にあることはいうまでもありません。

第二種免許の受験資格


第二種免許の受験資格は、大型、普通、大型特殊の各免許受験資格等として
1、 21歳以上で、大型、普通、大型特殊の、いずれかの免許を現に受けており、かつ、受けていた期間が、通算して3年以上(政令で定めるものは2年)、(停止期間を除く)。
2、 受けようとする免許と、異なる種類の第二種免許を、現に受けている。
3、 大型、普通受験の場合は、受験車両を運転できる一種免許、又は、仮免許を所持している。
という具合に定められています。

大型二種免許の学科試験・技能試験


大型二種免許の学科試験は、マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)というふうに決められています。技能試験は、基本的には自動車教習所で行う卒業検定と同じです。また、学科・技能ともに第一種免許に比べ、旅客の生命を預かり、公共の保安を担う意味においてその内容、特に技能試験の合格基準が厳しくなっており、80点以上(第一種免許は70点以上)で合格となります。問題集を買ってしっかり勉強しておきましょう。

大型二種免許を合宿でとる


大型二種免許を取得するなら、合宿に参加するのが賢い選択かもしれません。なぜなら、普通免許を持っている場合で、たとえば通学ならば延べで53回必要な「教習予約」の手間が 免許合宿ゼロ回ですむからです。キャンセル待ちで時間をムダにする事もありません。早ければ10日弱で、大型二種免許を手にすることができます。

大型二種免許なら求人に有利


大型二種免許を持っていれば、当然就職活動も有利に運びます。就職の条件として、免許の取得を挙げている業種も少なくないからです。ライバルに一歩差をつけるための絶好のライセンスといえるでしょう。

大型二種免許の教習所は、全国試験場近辺にあります。
北海道(札幌)、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(豊島区、渋谷区、新宿区、千代田区、港区、文京区、墨田区、品川区、大田区、杉並区、北区、板橋区、足立区、江戸川区、中央区、台東区、江東区、目黒区、世田谷区、中野区、練馬区、葛飾区、荒川区)、神奈川県(横浜)、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋)、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸)、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(北九州)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇)
< 大型二種免許の記事の続きはココから >
< 大型二種免許の記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2007.04.13 Friday 22:20 | - | - |
[ HOME大型免許 > 自動二輪の大型免許を取る ]

自動二輪の大型免許を取る

< 自動二輪の大型免許を取るの記事はココから >
自動二輪の大型免許を取るには、自動車と同じく、教習所から入る方法と免許試験場で一発合格を狙う方法があります。教習所を卒業すると技能試験が免除されます。以前は、免許試験場で一発試験に合格するしか方法のなかった大型二輪免許が、教習所で取得できるようになりました。そのため、いまの世代は、一昔前に比べ、大型免許の保持者が多くなりました。

自動二輪の大型免許を教習所で取る



●学科教習

まずは、学科教習を受けなければなりません。学科教習とは、いわゆる「交通の教則」というテキストに準じたものを中心に、交通法規や安全運転のマナー等について2段階制で学ぶ講座の教習のことをいいます。

免許を持っていない人や原付免許だけの人は26時間の学科教習と効果測定を受ける必要があります。これを受けなければ次のステップへ進めません。
効果測定とは、学科教習で学んだ内容の理解度を測定する試験のことを指します。全ての学科教習を修了していないと受験できないシステムになっています。○×式の試験で90%以上の正解が合格ラインです。

普通自動車免許を持っている人は、二輪特有の交通法規や安全運転のマナーについて1時間だけ学科教習を受講します。

ちなみに、普通二輪小型限定免許以上の二輪免許を持っている人は学科教習が免除されます。

●技能教習

技能教習とは、教習所のコースを使い実際にバイクを運転して行う教習です。この技能教習は、二輪車の運転技能を習得するための「課題走行」が中心となる第1段階と、交通法規を遵守した「法規走行」が中心となる第2段階とに分かれています。課題走行には、基本的な運転姿勢からはじまり、応用にあたる数々の項目があります。

直進狭路は、通称「一本橋」と呼ばれます。幅30cm長さ15mの細い板の上をバランスよく走行する課題です。

坂道発進は、勾配率約10%の上り坂の途中に設けられた停止線で一時停止し、後退することなくなめらかに発進する課題です。

急制動は、時速40km以上で走行し、ブレーキをロックさせることなく短距離で停止する課題です。

波状路は、9本の突起が不等間隔に設けられた長さ9.5mの路面を、立ち乗り姿勢のまま、バランスよく保ち低速で通過する課題です。

スラロームは、5本の円錐状のパイロンを4.5mの等間隔で置かれた間を、縫うように連続してリズミカルにクリアしていく課題です。バイクの醍醐味ともいえる課題ですね。

●卒業検定
卒業検定は試験当日に発表された検定コースを運転し、試験官がそれを減点方式で採点する技能テストです。持ち点100点からの減点方式で70点以上が合格です。卒業検定に合格すれば「卒業証明書」が発行され、免許試験場での技能試験が免除されます。


自動二輪の大型免許を試験場で取る



自動二輪の大型免許を試験場で取るには、住民票や受験費用など必要なものがありますので、事前に調べておきましょう。

●適性検査
適性検査とは、試験場で必ず行われる簡単な身体検査のことです。公道を走行するために必要な「視力検査」「色彩識別検査」「運動能力検査」「聴力検査」を検査します。これで不適正とみなされると免許交付の資格が与えられません。

●学科試験
学科試験では、交通法規を中心とした文章問題が90問、またイラストによる危険予知問題が5問の計95問が出題され、1時間の試験時間の間に解答しなければなりません。四輪の普通免許、普通二輪小型限定免許以上の二輪免許を保有している人は、この学科試験が免除されます。出題される95問中90%以上が正解で合格となります。(配点は文章問題が1問1点 イラスト問題は1問2点で90点以上が合格)。試験対策のための勉強には書店などで売っている問題集を購入したり、行きつけのバイクショップに相談してみるのもいいでしょう。
< 自動二輪の大型免許を取るの記事の続きはココから >
続きを読む >>
< 自動二輪の大型免許を取るの記事はココまで >
| カテゴリ : 大型免許 | 2007.04.13 Friday 18:16 | - | trackbacks(5) |
[ HOME > - > 大型二輪免許 ]

大型二輪免許

< 大型二輪免許の記事はココから >
大型二輪免許とは、普通二輪免許に加え、400ccを越える自動二輪車を運転できる免許です。この免許で全ての自動二輪車と原動機付自転車を運転できます。

教習所に入校して自動二輪免許を取得する場合、通学か合宿か・他に保持している免許の種類などによっても異なりますが、12万〜18万円程度の費用料金が一般的です。

AT限定の大型二輪免許だとさらに1〜2万円安いようです。オートマの大型自動二輪免許も人気が上がってきています。

大型二輪免許を取るには教習所に通うのが一般的ですが、取り方として一発試験で安上がりにとるという方法も難関ですがあります。

憧れの大型二輪免許、市販の某参考書によると全国の平均合格率は僅か8%、まさしく司法試験並みの狭き門です。この数字が示す意味は、一人平均12.5回目でようやく免許を手に入れた計算に。大型二輪免許はまさにバイク乗りの勲章ですね。

1996年9月免許制度改正により指定教習制度が始まり大型二輪免許が取得しやすくなりました。しかし、普通自動車免許しか持ってない人が教習所で取得するには20万円ほどの予算を覚悟しておかねばなりません、しかし一発試験を一回で合格すれば2万円ほどですみます。究極の激安・格安コースです。バイク免許を教習所で取得するか、いきなり一発試験で取得するか悩むところですね。

最近では、中年・中高年になって大型自動二輪の免許を取得する人も増えているようです。

大型自動二輪免許が取れる教習所は、全国試験場近辺にあります。
北海道(札幌)、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(豊島区、渋谷区、新宿区、千代田区、港区、文京区、墨田区、品川区、大田区、杉並区、北区、板橋区、足立区、江戸川区、中央区、台東区、江東区、目黒区、世田谷区、中野区、練馬区、葛飾区、荒川区)、神奈川県(横浜)、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県(名古屋)、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県(神戸)、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(北九州)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県(那覇)



バイクは出世魚?/祝!限定解除!!/大型二輪免許への道(
< 大型二輪免許の記事の続きはココから >
< 大型二輪免許の記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2007.04.13 Friday 17:47 | comments(10) | - |

最新トラックバック